2012年大晦日

さあ、今年も終わろうとしています。


年末年始は珍しくゆっくりテレビを観る時間が増えるという人も多いのではないでしょうか。
私もその一人。


昨日は久しぶりにアメトーク満喫し、大口開けて笑っていました。


一方、心に響いてくるドキュメンタリーも多いのがこの時期です。


29日はNHKプロフェッショナル仕事の流儀ではイチロースペシャル。


「バッティングは生き方」とまで言い切ってしまうイチロー。
真似のできる生き方ではないけど、自分の生き方を考えさせられる番組でした。

 


そして、もうひとつ、FNSドキュメンタリー大賞の『こころのおと~あすかのおしゃべりピアノ』。


野田あすかさんは「広汎性発達障害」という先天的な障害を持って生まれ、周囲に理解されないことから精神障害をも併発してしまう中、ピアノで自分の思いを伝えることに生きる希望を見いだしていきます。


誰にも理解されず、どこに行っても否定ばかりされてきたあすかさんが、それでも諦めずに挑戦し続けて、ソロリサイタルを開くまでになっていく姿は年末の忙しい時間を止めさせてくれるには充分すぎるものでした。

イチローの生き方もあすかさんの前向きな挑戦も、共通しているのは決して諦めないこと、そして徹底して自分に向き合っていること。

2013年に向けて大切なことを思い出させてくれました。


  ♪すべての人が、前に進める2013年になりますように♪

 

 

 

「マイコモン」電子会議室ご利用のお客様は

こちらをクリックの上、ID、パスワードを

ご入力ください。