学生とのエネルギッシュな交流会

 今月上旬、NPO法人GOOD  JOBの声掛けで、集まった学生らとのランチ交流会に参加しました。

日本の未来は明るい、そう感じさせてくれる若者たちとのエネルギッシュなひとときでした。

 

■参加した学生たち…

アイセックジャパン(海外インターンシップ事業を運営する学生団体)で積極的に交流し将来は社会起業家を目指す大学2年生、大学院を休学してカンボジアの英語留学や現地で教師育成事業を立ち上げた24歳、来年入社が決まっている会社で授業のない時間は働いている大学4年生。

 

■彼らの共通点…

「ゆとり世代は…」などと時には発言していた自分が恥ずかしくなるような素晴らしい若者たちでした。一方で、彼らが少数派であることも事実です。

そして、この交流会に参加した彼らが“自ら考え行動”するに至った経緯は、出会った大人からの影響が大きいことが共通点であると、彼らとの会話の中で感じました。

 

彼らにとって魅力ある企業とは…

特に印象的だったのは内定先でアルバイト中の学生に「就職先の決め手は何だった?」と聞いた時です。即座に「この社長のもとで働きたいと思ったから」との答えが返ってきました。そして、「仕事が楽しい」と目を輝かせていました。

その会社は名古屋市内の従業員50名規模の中小企業です。そして、“一緒に会社を大きくしたい”との思いで働いている従業員が何人もいるそうです。

 

■ひととき考…

経営者の魅力でひきつける、ビジョンで採用する。これこそ中小企業の目指す姿ではないでしょうか。このような企業が増えていけば、仕事が楽しくなる若者がどんどん増えます。

こうした経営者との距離の近さを売りにした採用方法、まさに中小企業の強みと言えます。


採用も経営と一緒で、決め手はやはり「経営者の熱意」であることを再認識した若者たちとのひとときでした。


 

 

 

「マイコモン」電子会議室ご利用のお客様は

こちらをクリックの上、ID、パスワードを

ご入力ください。